わけあんの世界

『自分』というビジネス・ライフスタイルを確立すべく奮闘する20代女子のブログ。夢は自分のペースで生きていくこと*

やりたいことリスト、書いてみた。

 

どうも。わけあん(@w_anchan)です。

 

今回は、いろんな方々が書いている『やりたいことリスト』を書いてみようと思います。

 

【目次】

 

やりたいことリストについて

そもそもなんで皆このリスト書くの?

 

これ疑問じゃないですか?

やりたいことを、リスト化しておくことは大切です。

そのほうが忘れないし、目標にもなるしね。

 

でも、あえてこういったブログやSNSで発信するのはなぜでしょう?

 

それは、

「夢は、周りに伝えると叶いやすくなるから」

です!

 

え?って思いました?

わたしも最初思いました(笑)言うだけで叶うはずないだろうって。

でも、実はちゃんとした理由があるんです。

 

リスト化して発信する意味

 

やりたいことをリスト化したとき、それが自分にしかわからないと、

夢を叶えるには自分一人で叶えなくてはいけません。

 

でも、周りに発信することで、

周りが夢を叶える手伝いをしてくれるんです。

 

例えば、『店を開きたい』という夢があったとします。

この夢を大事に胸の内に閉じ込めておくと、夢を叶える準備はすべて自分でしなくてはなりません。

時間もかかるし、体力、費用もものすごくかかりますよね。

でも、この夢を発信したとします。

そうすると、例えば、一緒にやりたいと仲間が集まるかもしれないし、1日だけ店貸しますよって機会が巡ってくるかもしれないし、店の開き方講座があるみたいだよって勝手に情報が集まるようになるかもしれない。

他にもたくさんのメリットが考えられます。

 

どうです?

言う言わないで、こんなにも違うんですよ。

だったら、言ったほうがよくないですか?減るもんでもないし←

 

ちなみに、声に出すことも大事で、

『言霊』という言葉もあるように、叶えたいことは声に出すと、

その声を耳で聞いて、脳にどんどんインプットされます。

そうすると、無意識に夢についての情報に敏感になれてたり、勝手に目指す姿勢になったりするんです。

 

だから、声でもブログでも、

叶えたいことはどんどん発信していきましょう♪

 

 

わけあんのやりたいことリスト

書き出した時のルール

 

ルールは簡単。

大きさにかかわらず、死ぬまでにやりたい、叶えたいと思ったことをひたすら書き出していくだけです。

自分のやりたいことなんだから、遠慮はいりません。他人の目も気にしない。笑

 

では、やってみよう。

 

書き出してみた

 

  1. 日本一周
  2. 家を持たない生活(期限付き)
  3. ウィーンに行く
  4. ニューヨークに行く
  5. インドに行く
  6. ブロードウェイミュージカルを本場で見る
  7. オペラ座に行く
  8. ルーブル美術館に行く
  9. カフェを開く(空間プロデュースも)
  10. 世界中のディズニーに行く(制覇したい)
  11. 時間、経済、精神的余裕のある生活
  12. 会いたい人に会いに行く
  13. イベント企画&運営
  14. 音楽活動
  15. 二拠点生活
  16. おしゃれを楽しむ
  17. アカペラサークルの運営に携わる
  18. 曲を作る
  19. 心理学を学ぶ
  20. 英語の勉強
  21. ねこと暮らす
  22. ディズニーの年パス更新し続ける
  23. 独自サービスを始める
  24. アカペラアレンジ
  25. 派手髪にする
  26. カラーコーディネーターの資格取る
  27. 韓国語の勉強
  28. 動画編集
  29. 歌ってみた動画の投稿
  30. ダンス習う
  31. 感情表現上手くなる
  32. 好きな人と暮らす
  33. 生活リズムの安定
  34. ブログで収入を得る
  35. USJに行く
  36. 痩せる
  37. 料理の腕を上げる
  38. 北海道でおいしいものをたらふく食べる
  39. 家族を旅行に連れていく
  40. 一人暮らしする
  41. 悩んでいる人、苦しんでいる人を助ける
  42. フェスに行く
  43. 好きな人たちと働く
  44. 好きなものに囲まれて生きる
  45. ステージで歌う
  46. 舞台観に行く
  47. ディズニーランドホテルに泊まる
  48. ドレスを着る
  49. 誰かと何かのデザインする
  50. 発信力をつける
  51. 定期的に本を読む
  52. 季節をちゃんと楽しむ
  53. カメラの腕を上げる
  54. 食事に気を付ける
  55. CD作る
  56. ピアノ上手くなる
  57. 有酸素運動を習慣化させる
  58. メイクの腕を上げる
  59. 自分を好きになる
  60. 誰かの夢を一緒に叶える

 

 

リストに完成は無い

随時更新していくよ

 

今回は、60個しか上げられませんでしたが、

こういうものは、生活している中でぽこぽこ出てくるものです。

 

なので、また出てきたら追加し、叶ったものについては線を引いて消していこうと思います。

 

 

さぁ、果たして。

発信することによって、本当に夢は叶いやすくなるのか?

お楽しみに*

 

 

2018.9.14

なぜ、わたしはブログを始めたのか。

 

どうも。わけあん(@w_anchan)です。

 

わたしは現在、ふたつのブログを運営しています。

(このブログと、もう一つ。毎日更新の日記的ブログ↓)

 

blog.kame-mypace.site

 

そして、過去にも趣味ブログをやっていて、歴だけで言うと約7年くらいはブログをやっています(途中書いてない時期もありましたが)。

 

今日は、わたしがなぜブログを始めたのか、そして

なぜブログを書いているのか、について書いていこうと思います。

 

【目次】

 

ブログを始めたきっかけ

『発信すること』のメリットを知った

 

ブログと出会ったのは約7年前。まだ学生の頃でした。

当時、わたしはジャニーズにハマりだしていた時期で、よくネットでジャニーズ情報を検索していました。

 

検索をして、出てきた中に『ファンの方が書いているライブレポート』があったんです。

わたしは初めてその記事を発見した時に、とても感動したことを覚えています。

 

自分の行けなかったライブがどんなものかわかる!

しかもファン視点で、ハイライトやポイントが書いてある!

ファンの方の純粋な感想が知れる!

 

記事を読んでいて、わたしはまるで自分がライブに行ったような感覚になれました。

『わ~こうやって感想とかを発信するということは、誰かの役に立ったりするもんなんだ!』

と思いました。

 

それから、『自分もやってみたい!』とブログをスタートさせました。

 

色んなブログを読むのが好きだった

 

一般の人が書いているブログのほかにも、わたしは色んなブログを読んでいました。

そして、ブログを読むことがすごく好きでした。

 

わたしにとってブログとは、『その人(筆者)』の本当の姿を見れる場所でもあります。

テレビで見ているあの人が、普段どんなことを思い、何を発信したいと感じ、どういう言葉で、どういう流れで発信していくのか。

「ブログ」というものを通して得られる情報は、映像よりも多く、そしてその人の本質がより現れるように感じます。

 

わたしは、リアル(現実)では自分を表現することが苦手です。

だから、「ブログ」を使って、世界に『本当の自分』を発信してみたい、と思いました。

 

 

わたしがブログを書く理由

『本当の自分』をさらけ出せる場所

 

わたしにとってブログは、ありのままの自分でいられる場所です。

リアルでは「言っていいのだろうか…」と躊躇うことも、ここでなら吐ける。

ヲタク的な趣味のことも、マイナーな考えも、過激な発言も、病み的な内容も、どこにも吐き出せない不安も。

ここになら、出せる。

何も気にせず、「自分」の言葉として吐き出すことが出来るところが気に入ってます。

 

リアルでは、たくさんの仮面を被って生きていたからこそ、その仮面を外して「自分」に戻れる場所はすごく大切でした。

もちろん、今でも大切です。

 

未来の自分への記録

 

ブログを読み返すと、当時の自分が何に迷い、苦しみ、葛藤していたのかわかります。

もちろん、何に夢中になり、何に幸せを感じ、何を楽しんでいたのかもわかります。

 

そして、過去をみて、今を振り返ることもできるし、

過去に犯した間違いを再び犯さないように、対策をとることもできます。

 

ブログは、未来の自分がよりよく生きるためのツールにもなるんです。

 

書いているときは、精神を安定させてくれて、

読み返すと、学べることがたくさんある。

 

だからわたしはブログを書き続けています。

 

 

これからの方向性

自分だけでなく、周りの役にも立たせたい

 

これからも、わたしは変わらずブログを書き続けます。

自分のために。

 

でも、自分だけでは終わらせたくないと思ってます。

わたしの書いていることは、わたしが経験し、感じ、思ったことではあるけれど、

きっと、誰かの役にも立つと思うんです。

以前のわたしが、レポブログを読んで感動したように。

 

自分の経験や考え方、哲学や強みが、きっと誰かの役に立つ。

 

そう信じて、わたしはこれからも書き続けます。

 

 

結婚や恋愛について最近思うこと。

 

どうも。わけあん(@w_anchan)です。

 

わたしは、以前まで

『25歳までに結婚して、子供を産んで、できれば専業主婦になって素敵な家庭を築きたい』

って思っていました。

当たり前のように、それがわたしの幸せだと、信じていました。

なんの根拠も、理由もなく。

 

ですが、最近になってその考えが変わってきましたので、

ここに書いてみようと思います。

 

【目次】

 

なぜそう思ってしまっていたのか?

日本における『女』の立ち位置

 

わたしが当たり前のように

「結婚して子供を産んで家庭を築くことが幸せなんだ」

と思い込んでいたのには、日本に昔から根付いている考え方が作用しています。

 

皆さんも、そうじゃないでしょうか?

 

女は早く結婚して子供を産んで、家庭に入る

 

さいきんようやく、上記のような考え方は薄れてきたように感じますが、それでもまだまだ世の中にはびこっていると私は感じます。

 

例えばわたしの場合、毎年おじいちゃん・おばあちゃんに会いに行けば

「彼氏はできたのか」「早くしないと貰い手がなくなるぞ」「女性らしくしなさい」

とよく言われていました。

言われていた当時は何の違和感もなく、当たり前のように聞いていましたが、

今思うと『余計なお世話だよ』って感じです←

 

そして、こういう会話はほかの場面でも当たり前のように繰り広げられています。

 

これは別に女性に限ったことではないとは思いますが、

わたしは上記のような経験から、今まで「男に生まれたかった」と何度も思いました。

 

みんなコイバナが大好き

 

はい。みんなコイバナ好きじゃないですか?

わたしも好きです←

 

コイバナって結構話題にも上げやすいので、話す機会は多いと思うんですけど、

ただ、コイバナをしてる中で、どうしても

「恋愛していないと負け組」「相手がいないと寂しい人」

というような空気を感じることが多くあります。

自分に話せるネタがないときは劣等感や情けなさも感じます。

(今はそんなことないですけどね)

 

でも、わたしは別に、恋愛していないことをマイナスにも思っていないし、パートナーがいないこともマイナスだと思っていません。

 

ただ、世間的には

「恋愛していないと負け組」「相手がいないと寂しい人」「恋愛するのが当たり前」

のような考えが多くあるように感じます。

 

だから、わたしには自然と「恋愛しなきゃ」とか、「恋愛するのが当たり前」という考えがこびりついてしまっていました。

 

 

いま思っていること

カップルを見たとき

 

わたしは以前まで、街中でカップルを見ると

「いいな~幸せそうだな~。わたしも彼氏ほしいな~」

ってすごく思っていました。

 

でも、そう思っていたのって、

「彼氏がいないという劣等感」「恋人がいない恥ずかしさ」

からそう思っていたんです。

 

でも、今はカップルを見ても、

以前ほど「彼氏ほしい!!」とは感じなくなりました。

 

恋愛に興味がない

 

興味がないといったら嘘になるんですけど(笑)

でもおそらく、ほかの人ほど恋愛や結婚について興味はないんだと思います。

そのことにやっと気づきました。

 

前項にも書きましたが、以前のわたしが恋愛したい理由は

『劣等感』『世間体』からくるものでした。

 

でも、そのことに気付いてからは、

別に無理して恋愛しなくてもいいじゃんって思うようになりました。

 

確かに「恋人がいれば、結婚していれば幸せ」かもしれないけど

『恋人がいない、結婚していないから不幸』というわけではありません。

 

幸せになる方法は他にもいくらでもあります。

 

そう考えたときに、わたしが幸せになるためには恋愛はマストではなかったので、

ほかの方法で幸せになる道を選びました。

 

 

考えが変わったきっかけ

自分の恋愛を振り返ってみた

 

恋愛ができない、相手が出来ないとき、

それまでの恋愛を振り返ってみたことがあります。

 

以前のわたしは、

嫌われるのが怖かったので、相手の顔色を伺い(ぜんぶ相手任せ)、相手のことを信じることもできずにいました(そりゃあ楽しくないわ←)。

 

そんな過去の恋愛を振り返ってみて思ったんです。

「わたしなんで恋愛したいんだろう」って。

 

経験上、楽しくもない(苦しい思いのほうが多い)、相手に縛られる(ほかのことが手につかなくなる)のになんで恋愛に固執してるのか?

その答えは「恋愛するのが当たり前」だと思っていたからでした。

 

そのことに気付いてからは、いったん恋愛はやめて、

自分自身を高め、自分を幸せにすることを優先させようと思いました。

 

LGBTについて改めて考えてみた

 

もう一点、考えが変わったきっかけがあります。

それは、LGBTという言葉です。

 

わたしは、以前から言葉自体は知っていて、興味を持っていました。

ですが、ちょうど恋愛について疑問を持ち始めたくらいのタイミングで、LGBTという言葉と触れ合う機会が増え、改めていろいろと考えてみました。

 

その中で思ったことは、

『人は幸せになるために一緒になる』

ということです。

 

だから別に、こだわる必要ないんですよ。

男とか女とか、年上とか年下とか。

あえて狭めて考える必要なんてなくて。

 

「この人好きだな」「この人と一緒にいたいな」

と思う人がいたら、一緒になればいいんです。

 

ちなみに私は性自認は女ですが、恋愛対象は人類です(今のところ)。

 

 

結論:一緒にいたい人と一緒になることが幸せだ

 

ここまで長々と書いてきましたが、何が言いたいかというと、

「恋愛をすること」「結婚をすること」=しあわせ

ではなく、

「一緒にいたい人と一緒になる」=しあわせ

なんです。

 

つまり、

恋愛や結婚を、「しあわせかどうかの基準」にしてはいけないってことです。

 

一緒にいたいという「気持ち」がまずあって、だからこそ、付き合ったり、結婚することが幸せなんです。

決して「恋愛をしているから幸せ」「結婚していないから不幸」というわけではありません。

 

わたしは、そういう考えが世の中から少しずつ無くなって、

一人ひとりが、それぞれ自分の幸せの形を選び、実現していける世の中になったらいいなと思います。

 

ちなみに、わたしは今は恋愛の優先を低くしてはいますが、

別にしたくないわけではありません(笑)

 

わたしの夢の一つに

「好きな人と一緒に過ごす」というのがありますから、

「この人好きだな」「ずっと一緒にいたいな」と思う人が現れたら、その時はその夢を叶えたいと思います。

 

 

 

素晴らしく素敵なオンラインコミュニティ『ライフエンジン』について。

 

みなさん、どうも。

わけあん(@w_anchan)です。

 

今日は、わたしが現在所属しているオンラインコミュニティ

『ライフエンジン』

について、書いていこうと思いまーーーす!いぇーーーーい!

 

 

ライフエンジンとは

ãã©ã¤ãã¨ã³ã¸ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

なんか、すげーー人たちの集まりです(わたしの感想←)

 

ま、それだけだとちょっとわかりにくいと思うので一応↓

 

ライフエンジンとは、約3年前に誕生した、オンライン上のコミュニティ。

「これから10年で自分だけの職業を作る」というテーマのもと、運営されている。

今では約130人ものライフエンジニアが所属。

 

 

わたしはまだ入って日も浅く、あまりよく分かっていないので

より詳しく知りたい人は、こちらをちぇけらーーー♪↓

 

jmatsuzaki.com

(運営メンバー…というか立ち上げた一人、jMatsuzakiさんのブログです)

 

 

わたしとライフエンジン

入会したきっかけと理由

 

わたしがライフエンジンに入った、直接のきっかけは

友人であり同志である、「きしめん」が入会したことでした。

 

ライフエンジン自体はけっこう前から知ってて、興味は持っていたのですが、

なにせ『よくわからないところに1人で飛び込むのはちょっと…』

『もうちょっと情報を得てから判断したい!』と思っていたので、

きしめんが入会してからは、「ライフエンジンってどんな感じなの?」と情報を聞いたりしていました。

そこで事前に情報を得られていたおかげで、だいぶ不安も無くなりましたし、入会へのハードルも下がりましたね。

 

『興味はあるけど、一歩踏み出せない』って人、実はすごく多いと思うんですけど、わたしみたいに、実際入ってる人に話を聞いてみるのも手です。

わたしの場合は、きしめんとは元々高校時代の友達だったので、ちょっと特殊な例にはなりますが(笑)、

ライフエンジンの人たちは皆いい人たちなので、話しかけたらぜったい優しく答えてくれます!

わたしも実際、きしめん以外にも、ノリハナさんやりんださん、だいちさんと入会前に少しついったーでお話をして、背中を押してもらって入会を決めました。

 

ま、誰に声かけたらいいかわからなければ、わたしに連絡してくれれば答えられる範囲で答えますよ♪

 

 そして、わたしがライフエンジンに入った理由、それは

「日常生活じゃ出会えない人たちと出会えること」

「そういう人たちと意見交換をしたり、話ができること」

 

この二つが、主な理由になります。

 

当時、わたしは、

うつ、HSP、働き方などについて悩んでいて、

たまたまどこかの記事で、ライフエンジンにはHSP持ちの方がいるとか、うつ病になったことがある人もいる、というのを見たので、

「皆さんがどうやって日々過ごしているのか知りたい!」と思ったのと、

単純に「仲間がほしい」と思ったので入会しました。

 

そして、実際に入ってから、HSPのことを相談したり、

情緒が不安定な時に助言をいただいたり出来ているので、

入ってよかったなって思ってます♪

 

ライフエンジンの推しポイント!

『軽率に』チャレンジする文化

 

はいっ!!これほんとすごい文化だなって思うんですけど、

これは、『チャレンジに対する敷居がめちゃくちゃ低い』ってことです。

 

普通、何かを「やってみたいな~」って思ったとき、

ちょっと迷ったりして、なかなかひょい♪って始められないじゃないですか。

 

でも、ライフエンジンでは、割とみんなチャレンジしちゃってます(笑)

 

なぜ、チャレンジできるのか?

わたしなりにまとめてみました↓↓

 

  1. みんなチャレンジしてるから、自分もやってもいいんだって思える
  2. やり方がわからなくても、相談できる人たちがいる
  3. 周りのみんながコメントやpolcaなどで応援、協力してくれる

 

この3つが大きいと感じています。

 

こんなにチャレンジに対して温かいコミュニティってなかなか無いんじゃないかなって思うし、わたしもすごく助けられてます*

 

わたしは元々、石橋を叩いて、渡る前にぶっ壊すタイプですが、

最近は壊す前に渡れるようになってきました←

 

『軽率力』、大事っ!!

 

否定しない!認め合う温かさ

 

これは、ライフエンジンの大きな特徴の一つだと思います。

とにかく、『優しい世界』なんです。

 

誰かが困っていたら、そっと声をかけてあげたり。

がんばり過ぎている人がいたら、『休んでもいいんだよ』って声をかけてあげたり。

お茶(絵文字)を送りあったり。

褒めあったり。

 

誰一人として、仲間外れはいません。

否定されることもありません。

 

それがすごくわたしには有り難かったです。

自分の身の回りには、そういう世界は無かったので。

あったかい世界は、疲れたときの休憩場にもなります。

逃げ場にもなります。

 

そういう場があるってだけで、けっこう精神的には安心が出来るので、

情緒不安定系わけあん(←)は、日々ありがたみを実感しています。

 

絶対的な信頼感

 

これも上に書いたこととかぶってくる気がしますが、、、笑

 

ライフエンジンには、絶対的な信頼感があります。

 

正直、ライフエンジンに所属している人たちとはほとんど会ったことが無いんですが、

それでも、『この人たちは信じられる』と思えます。

 

 なぜでしょう?

 

わたしが信じられる理由は

 

  1. ライフエンジンというコミュニティへの信頼があるから
  2. 皆さんが優しいと知っているから

 

これは所属してから実感が深まりましたが、

『ライフエンジンは良い世界』っていう絶対的な信頼があるんです。

それは、運営メンバーの言葉であったり、所属している人たちの言葉、態度、姿勢、行動などで実感しています。

 

そして、コミュニティが信頼できるものだからこそ、そこに所属している人たちも信頼できるんですよね。

絡んだことない人でも、はじめましての人でも、『ライフエンジンの人』ってだけで、もう安心できるんです。

 

わたしは人見知りだし、引っ込み思案だけど、ライフエンジンではちょっとずつ自分を出せているのは、こういった信頼感や安心感があるからなんです。

 

まとめ!

 

まとめると、

「ライフエンジンは素晴らしく素敵なオンラインコミュニティ」ってことです!笑

 

わたしはまだ入ってから2か月ちょっとくらいしか経っていませんが、

いろんな人たちの想いを聞いたり、意見交換をしたり、支えあったりしている中で、

本当に少しずつですが、自分が変わっていると実感しています。

 

きっと、いや、ぜったい、一人じゃこうはなってない。

環境と、出会いに、感謝です。

 

もし、これを読んでいる人の中で、ライフエンジンに興味があったり、入ろうか迷っていたり、

何かを始めてみたい、変わりたい、と思っている人がいたら、

ぜひ、入っちゃいましょう! 軽率にっ!笑

 

仲間が増えるのはすごく嬉しいことなので、

わくわくしながら待ってます♪

(かといって、わたしは自分からガツガツ絡みにいくタイプではないんですけど←)

 

最後に

 

ほかの人たちがライフエンジンについて書いているブログやラジオ集~♪

 

協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

みなさんの記事を読んで一人でニヤニヤしてしまった←

 

それぞれが自分の目線で、感じたことやライフエンジンの魅力を語っていらっしゃって、すごく参考になるし、ひとりひとり全然違うから面白いです!

 

ぜひ読み&聴き比べてみてください♪↓↓

 

きしめん

6/24 朝活103日目。「ライフエンジンは、いいぞ」 - きっとひとりごと。

 

 ・ランランさん

ライフエンジンというコミュニティ : ランラン's Blog

 

・かほさん

jMatsuzakiさんというすごい人のはなし | かほブログ。

 

・ぞのさん

ライフエンジン(有料オンラインサロン)の5つの魅力〜夢へと向かうカウボーイが集いし場所〜 – ぞのドットコム

 

・きのさん

ライフエンジンの大朝活会に参加したら一日の満足度が劇的に上がった話 | 空色の地平線

 

・りんださん

youtu.be

 

 

それでは!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました~!

 

 

 

世界一詳しいわたしの自己紹介。

 

はじめまして。わけあんです。

新しくブログを開設しましたー!いぇーい!!

 

と、いうわけで、

ここらで改めて、自己紹介をしていきたいと思います*

 

はじめましての人も、長いお付き合いの人も、ぜひ読んでくれたら嬉しいです♪

 

目次*

 

簡単なプロフィール

f:id:kame_mypace:20180819101437j:plain

基本情報

名前:わけあん

住まい:東京

性別:おんな

ジャンル:芋系、病み系、サブカル系、ゆとり系、脱力系

好きなもの:音楽。ねこ(4匹飼ってます)。ディズニー。など

趣味:歌うこと。SNS。ブログ。考えること。

得意なこと:一人作業。考えること。

苦手なこと:大人数での会に参加すること。自己主張。制限されること。

備考:元うつ。元自傷癖持ち。不安症持ち。HSP。魔法使いになりたい。動物と喋る。

 

社会に放り出されてから、今年で早3年目。

未だに社会の波を乗りこなすことが出来ていない系女子。

1か月に1回、多いときは1週間に1回は精神的迷子になっちゃう人。

 

 

生い立ち

自由だった幼少期

f:id:kame_mypace:20180819103611j:plain

 

20数年前、3人兄弟の長女として誕生。

このころは、まだ可愛かった…笑(ちょっと面影ありますよねー)

明るく元気で活発なおてんば娘でした★

よく笑って、よく寝て、よく食べて。

当時は社宅住みやったんで、毎日友達と外で遊んでましたね。

 

でもその反面、

わがままはあまり言わず、2歳児特有のイヤイヤ期もそこまでひどくなく、

よく空気を読む、手間のかからない子やったそうです(お母さん談)

(ま、弟が出来てからはよく弟泣かして遊んでましたけどね←)

 

とにかくこのころは、自由に、元気に楽しく過ごしていました。

すごくいい環境で暮らしていたのが大きいと思います。

 

この時の夢:お姫さま

 

こじらせた中学時代

f:id:kame_mypace:20180820191809j:plain

 

 わたしの通っていた中学校は、小学校とほぼメンツが変わらなかったので、

小学校の延長のような感じでした。

しかし小学校とは違い、中学には「部活動」というものがありますよね。

わたしは、『ソフトテニス部』と『吹奏楽部』で悩みに悩んだ結果、

吹奏楽部』に入部しました。

それから3年間は部活三昧。部活をするために学校に行っていました。

人数の関係上、1年の後半からパートリーダーになり(笑)、2年の後半からは部長を務めました。

今思い返すと、なんと最悪な部長だったろうと思います←

リーダー系を任せられる率が多いわりに、まとめるの下手だったんで。

独裁政治みたいな運営をしていましたが、

みんなに支えられ、なんとか最後まで全うすることが出来ました。

(ほんとみんなありがとう泣)

 

ちなみに、部活以外はといいますと、、、

ちょーーー根暗女でした←

休み時間は机に座って勉強したり、読書をしたりしていたので、

周りからは結構「変わった人」って思われていたと思います。

今思えば、このころから「社交性」が低いという特性が出ていたんですねぇ(笑)

 

クラスにいることはすごく辛かったけど、部活が楽しかったのでなんとか3年間通うことが出来ました。

 

この時の夢:通訳さん 

 

勝負の高校時代

 

 まぁ、中学がこんなんだったんで(笑)、「高校はまじ青春しよ」と思い、

あえて同じ中学の人が少ない高校を選択。(私以外は男子3人しか行かなかった笑)

 

そうして勝負に出た高校生活でしたが、、、

登校2日目にして絶望するっていう…←

 

いやね、1年のクラスが特殊すぎやったんですよ。

コミュ力の高い人しか輪に入れてもらえへんみたいな感じやったんで、

1年生の時は、ほぼほぼ部活しかしてませんでしたね(笑)

f:id:kame_mypace:20180820191840p:plain

 

でも、2年になってクラス替えをしてからは、

比べ物にならないくらい高校生活が楽しくなりました!

クラスの子たちが、本当にいい人ばっかりで、

生まれて初めて、「自分もクラスの一員なんだ」と感じれたクラスでした。

f:id:kame_mypace:20180820191851j:plain

 

入学前に思い描いていた『青春』とはちょっと違ったけど、

部活もクラスも充実していて、高校生活は一番楽しかったですね。

 

この時の夢:歌手

 

好きなことを追った大学時代

 

大学を決めるのって、難しくないですか?

なんか、わたしにとっては『大学』を決めるはずが、

『将来』を決めているような感覚で。

高校3年の時、めっちゃ悩んだのを覚えています。

 

わたしが悩んだのは、

「安定」をとるか、「好きなこと」をとるか、という点。

学力はそこそこあって(え←)、英語が好きだったので、英語を専攻しようと思っていたんです、最初は。

通訳さんになりたいっていう夢もあったし。

でも一方で、『音楽をしたい!』っていう思いもすごく強かったんです。

 

音楽は、それで食っていけるかもわからない、お金も莫大にかかる。

だから最初は「安定」を選ぼうと思っていました。

 

でも、捨てきれなかった。

許されるなら、音楽を学びたいと思いました。

結局、親に無理を言って、音大に行かせてもらいました。

(でもやっぱり怖かったから、専攻は歌じゃなくて裏方を選んだ←)

 

なので大学生活は、とにかく無駄にしないようにたくさん学びました。

(適度にさぼりながら←)

 いい友達にも恵まれたし、パリピ感は無かったけど(笑)、それなりに青春だったと思います。

 

ちなみに専攻は「音楽ビジネス」で、

ゼミやサークルでは、コンサートやライブを企画・運営していました!

この時に、改めて『人を喜ばせることを仕事にしたい』って思いましたね。

 

こうして思い返してみると、 

今所属しているアカペラグループに入ったのも大学1年の時だし、2年の時はバンドのスタッフ的なこともやらせてもらっていたし、3年の時には音楽事務所インターンに行ったりして、なんだかんだ大学時代が一番いろんなことを経験してました。

 

この時の夢:イベンター

 

突然の鬱

 

しかし、大学3年の時、うつ病になります。

理由は、3年生になって新しく入った(というか入らされた)サークルで、

先輩と同期に挟まれたことですね。

どっちも言ってることが違ったり、どっちかをとるとどっちかから怒られたりして。

途中から入って実力もないので後輩からも信頼なんてされてないし。

(あ、わたしサークル長やらされてたんですけどね)

 半年間はなんとか耐えて頑張りましたが、ある日突然学校に行けなくなりました。

 

そこからはもう大変です。

動けないし、毎日自己嫌悪だし、もう生まれきて生きててごめんなさい、みたいな。

毎日死ぬ方法を検索していましたね。

 

 

…暗い話ですみません。

読むの辛い方はとばしてくださいね。

 

 

上の「備考」にもちょっと書いてましたが、

うつ病とともに、いろんな問題も浮上しました。

 

元から持っていた社交性不安障害の悪化による『視線恐怖症』。

元から持っていた『自傷癖』の悪化(名残で腕がシマシマしております)

今回の件をきっかけに『人間不信』に。

 

この時が人生のどん底だった気がします。

 

でも、わたしが死なずに今生きているのは、

お母さんが「死なないで」って言ってくれたからです。

誰かに『死んだら悲しい』って言われると、あ、生きてていいんだって思えます。

だから、わたしは最初、お母さんの言葉で自分に生きることを許可しました。

 

そして今、わたしは「死ななくてよかったな」と心から思っています*

 

上手くいかない社会人生活

 

大学を出てからもう3年も経ちますが、いまだに3年経ってることが信じられんくらい社会人生活はバタバタでした。

 

まず、事の始まりは大学3年の冬。

確か年明けで一斉に就活がスタートしたんだったと思います。

就活がどういうものかも、自分が将来何になりたいのかもよくわからないまま、

1月1日になった瞬間に、就活サイトに登録したのを覚えています。

 

そして始まった就活。

活動中は、

 

『自分が何を大事にしたいのか』

『どういう働き方をしたいのか』

『将来どういう人間になりたいのか』

 

などを考えて、会社を探していましたね。

 

ただ、すみません。

もう自分がいつどの会社に、どういう順番で入っていたか、全然思い出せないんですけど(笑)、

とにかく4年生の時は、就活もしたし、コネでいれてもらえるっつって大学の卒業生の先輩の音楽バーでバイトもしたし、大学の別の先輩の紹介で音響のバイトもしましたね。

 

最終的に、ある一社に内定をいただいたんですが、そこも入社前研修1日目でやめるっていう…←

 

最悪でしょ(笑)

 

という感じで、大学卒業時は、実は職が決まっていませんでした(笑)

 

そして、卒業後は音楽事務所でアシスタント事務のバイトをするも、週5勤務に耐えられず退職。次に某フィットネスクラブに転職するも、仕事が多すぎてプライベートが無くなり、何の為に生きているのかわからなくなったため退職。そしてゆとりをもって働こうと派遣社員で週4で働くも、仕事内容が合わずに退職(予定)。→現在。

 

という流れになっております。

 

 

いやーーーーーーーー

長かったわたしの歴史!!笑

 

ここまで読んでくださった方、ほんっっっとうにありがとうございます*

 

 

…あ、あと一個忘れてたわw

 

現在

やっと夢を追いかけ始めた

 

『今』を忘れておりましたね(笑)

 

こうして20数年間さまよい続けたわけあんですが、

現在は、やっと、やっと自分のしたいこと、夢、目標が明確になり始めました。

…やっとやで?笑

 

散々迷って考えて逃げて病んで選んで進んで戻って、を繰り返して、やっと。

 

見つかり始めました。

覚悟を決めました。

これからは、胸を張って、この夢を追っていきます。

 

現在のわたしの夢:ゆるふわに、自分のペースで生きていくこと。

 

日々、幸せに生きること。

そして、自分だけじゃなくて、周りの大切な人たちと一緒に幸せになること。

それをお手伝いすること。

 

これが夢です。

 

そのために、まずはフリーランスを目指します。

よければみなさん、応援してください。

というか、力を貸してください!!

 

そんなわけで、改めて、

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!!

ここまでしっかり読んでくださったあなたとは、上手くやっていけます!

…いや、ほんまやで?笑

 

まとめ!

 

と、いうわけで、今回は

世界一詳しい「わけあん」の自己紹介でございました!

興味持っていただいた方は、ぜひついったー(@わけあん)にも遊びに来てください♪

 

ではまた!